みやのデンタルクリニック
歯科・小児歯科
審美・ホワイトニング
反対咬合の早期初期治療
予防歯科
院長コラム
よくあるご質問
健康診断
アクセスマップ
診療時間
みやの
デンタルクリニック
刈谷市東刈谷町1-9-4
TEL.0566-24-6701
※各種クレジットカード可能
みやのデンタルクリニック

反対咬合の早期初期治療

 下の歯が上の歯より前にでている受け口(反対咬合)。
 3歳児健診で4~5%もみつかりますが、「しばらく様子を見ましょう」と放置するケースが多いです。
 しかし自然に治る率は低く、結局治療や手術が必要になります。

成人編 「矯正→手術→矯正」

 受け口は子供のうちに矯正具をつけても治らなかったり、成長期に悪化するケースもあります。
 全身麻酔で口の中からメスを入れ、下あごの左右両側の根元を切り離して後退させ、金属製の板やねじで固定します。

100万円を超す費用がかかる場合もあります。

幼児編 「寝ている間に装着するだけ」

 最近注目されているのが、幼児のうちに改善させる「ムーシールド」法です。寝ている間に装着するだけのお子さまにも容易な矯正法です。9割以上で改善の効果が見られます。
 みやのデンタルクリニックでは3歳からの反対咬合を矯正できます。
 早めの相談をおすすめします。

Q&A

自然に治るでしょう?
永久歯が生えるときに治ることもありますがごく少数です。

治したほうがいいの?
サ行、タ行が特に伝えにくくなります。また心理的劣等感に悩む方も多く、審美的な理由でやはり治療をおすすめします。

一度治したらもう大丈夫?
幼児期のムーシールド治療法はおよそ1年を目標にします。しかし成長期に再治療を必要とするケースもありますので定期健診が重要です。

反対咬合は遺伝する?
はい。遺伝します。顔形はご両親に似ます。残念ながら、反対咬合の家系があります。ただ早めの対処でかなり改善できます。